スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://karada54.blog106.fc2.com/tb.php/3-298ee28e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

紫外線の強弱

紫外線の強さはその地域や季節などによって変わってきます。
つまり紫外線の強い地域ほど紫外線に対しての注意が
必要となりますから紫外線対策の重要性も高くなります。

どのような状況の場合、紫外線対策は特に
注意しなければならないのでしょうか。

まず地域で言うと紫外線は南に行くほど強くなります。

それは南に行くほど太陽の日差しが強くなることに比例しています。

紫外線は一年中あるので絶えず対策をしておくことが必要ですが、
特に紫外線が強い時期としては4月~9月ごろまでが挙げられます。

1年間に紫外線が照射される量の7割~8割がこの時期に
放射されているとされています。



スポンサードリンク

次に時間帯で言うと、やはり太陽の日差しに比例しているため
一番日差しの強い正午から午後2時ごろにかけて一番紫外線が
強いとされています。

この時間帯で夏は1日の紫外線量の6割~7割以上を占めていて、
冬は1日の7割もの放射量を占めているとされています。

また曇りの日は紫外線が少ないから対策をする必要がないと安心しがちです。
が、曇りでも雲が薄いときは紫外線を8割以上通すため日焼けします。

また水に入っていれば紫外線が当たらないから日焼けしないか
というとそうではありません。

水の場合水面反射があるため地上にいるよりも余計に強く紫外線を浴びる
可能性がありますから、日焼け止めを塗るなどきちんと紫外線対策をしてください。

また冬だからといって安心できません。
冬でも紫外線はありますし、まして雪の場合、水と同じように雪に反射して
紫外線量が増えるため紫外線対策をしなければなりません。
スポンサーサイト

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://karada54.blog106.fc2.com/tb.php/3-298ee28e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新トラックバック

プロフィール

ピーチ54

Author:ピーチ54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
ファンドオブファンズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。