スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://karada54.blog106.fc2.com/tb.php/33-534758a6

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

UVカット!紫外線対策はじめましょう。サイトトップ >紫外線対策 >>紫外線カット フィルムを 窓に貼る

紫外線カット フィルムを 窓に貼る

近年では、紫外線,特にUV-A波は体の遺伝子に損傷を与え、シミ、しわ、たるみ、といった
皮膚の光老化を早め、皮膚がん、白内障などの病気を引き起こすことがわかってきました。

紫外線には、UV-A波、UV-B波、UV-C波があります。

UV-A波は、長い波長のため曇りの日でも地表に到達し、またガラスも通過するため、
体の奥深くまで到達して、体内に蓄積され、10年後、20年後に悪影響を及ぼします。

UV-B波は窓ガラスを通過しません。またUV-C波は、現在、地表には到達していません。
またUV-A波は季節性がなく一年を通してでています。

日本の一年間の紫外線量は、5月から8月にかけて最も多く、冬の間は比較的少なくて
夏の半分程になります。

近年オゾン層の破壊が広がっているため紫外線が地上に届く割合が多くなってきました。

アメリカやオーストラリアでは紫外線による皮膚がんの発生が非常に多くなっています。

ですから、乳幼児から18歳ぐらいまで毎日、日焼け止め、帽子、サングラスを
つけることが推奨され、そのことによって、皮膚がんの発生率を8割近く
抑えることができるという報告も出ています。




スポンサードリンク

しかし、気になるのは室内でくつろいでいる時や車に乗っている時はどうでしょうか?
屋内にいても、窓ガラスから紫外線は入ってきます。

カーテン(遮光)でさえぎる方法もありますが、天気の良い日は明るく過ごしたいものです。

部屋や車の中においても、可視光線の透過が良い紫外線カットフィルムなどを上手に使って、
しっかりとした紫外線対策をされてはいかがでしょうか。

太陽光から熱線を反射、吸収するように開発された車と住宅のウインドフィルムなどは、
優れた断熱性で、夏の暑い日差しから車内や室内の快適な環境を保ちます。

例えば、夏なら60℃近くにもなる車内温度の上昇も大きく抑えることかできます。

一年を通してふりそそいでいる紫外線に対し、ご自分だけでなくご家族、特にお子様の
体を守るためにも、子供の頃からしっかりと紫外線対策をされるとよいです。

また、エアコン等の省エネルギーを実現し、ガソリン代や電気の節約を可能にしますよ。 

スポンサーサイト

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://karada54.blog106.fc2.com/tb.php/33-534758a6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新トラックバック

プロフィール

ピーチ54

Author:ピーチ54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
ファンドオブファンズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。