スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://karada54.blog106.fc2.com/tb.php/35-21e52099

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

UVカット!紫外線対策はじめましょう。サイトトップ >日焼け止めグッズ >>ファンケル 無添加の日焼け止め

ファンケル 無添加の日焼け止め

肌トラブルの大敵、紫外線は主に2種類あります。肌表面を炎症させ、
赤くなる反応を起こさせるのが紫外線UVB。

肌の真皮層まで到達し、肌の弾力を司るエラスチンやコラーゲンを破壊して
しわやたるみの原因となるのが紫外線UVAです。

UVBを防ぐ数値としておなじみなのはSPF。数値が高いほど防御力が高く、上限を50とし、
それよりも高い場合はSPF50+として表されます。

一方、UVAを防ぐ数値として、最近、重要視されているのがPA値。
+が多くなるほど防御力が高くなり、最高値はPA+++となっています。

このUVAはガラス越しに入ってきてしまうので、室内にいる時でも要注意なのです。

紫外線は気になるけれども、日焼け止めを毎日使うのは抵抗がある、
肌に負担がかかりそうで...。という方が多いです。

紫外線はA波とB波があり波長の長いA波は肌の奥まで届いて、コラーゲンなどを壊し
しわやたるみの原因になります。

B波は肌を赤くして、シミになることも。
紫外線に長期間あたり続けると肌のハリがなくなったり、たるみやシワ、
乾燥などが目立ってきます。

紫外線は、数年後にも結果となって肌にも影響を及ぼしますので
毎日のケアは欠かせません。



スポンサードリンク

スキンケア効果が高く、防腐剤などが無添加の日焼け止めなら、
何も塗らないより、肌には良いのです。

紫外線A波を防ぐ力はPA値で示されます。例えばPA値+++、
+が3つあるこの数値は炎天下でも肌をA波からしっかり守ってくれる強さです。

またB波を防ぐ力を表すのがSPFの数値です。日常生活では12あれば十分ですが
炎天下でのレジャーには不十分でSPF30と表示されていれば問題は無いです。

日焼け止めには紫外線吸収剤を採用しているものと、紫外線散乱剤を
採用しているものとがあります。

紫外線吸収剤は長期間の使用では肌に蓄積されて負担をかける可能性があります。

一方、紫外線散乱剤を採用しているものは紫外線を反射させることで日焼けを防ぎます。

例えば散乱剤が肌に直接触れないようにスキンケア成分などでコーティングしてあると
肌に優しく肌表面を滑らかに整えることができます。

ファンケルのサンガードは無添加で肌への余計なストレスをなくして
紫外線をガードしています。
肌への負担もありません。




スポンサーサイト

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://karada54.blog106.fc2.com/tb.php/35-21e52099

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新トラックバック

プロフィール

ピーチ54

Author:ピーチ54
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
ファンドオブファンズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。